家庭教師と生徒の相性は非常に重要

お試しがオススメ

このように、家庭教師は出来るだけ、お子さんに合っているタイプの先生を選ぶことで、成績に大きな差が出てくる可能性があるのですが、相性が合うかどうかを選ぶためには、先生と親御さんが話をしただけでは判断をしづらく、先生によっては、親御さんと話している感じとお子さんに接している感じが全く変わってしまうような先生もいるようです。相性が合っているかを判断するためには、独自にお試し期間を設けて、先生の指導方法が合っているかどうかをお子さんに確認をしてみることが一番だと言えるでしょう。

初めての授業の後にお子さんに感想を聞いてみることはもちろん、授業の後に、出来るだけ授業の感想を聞いてみるように心がけ、お子さんの様子がどうかを確認してみてください。ただし、お子さんの様子だけで判断をしてはいけません。出来れば、家庭教師を雇った後のテスト結果などがどうだったかどうかを見て、成長をしているかどうかを判断してから、お試し期間を終了することをオススメします。

その為出来るだけ、家庭教師を雇うのはテストの一~二か月前がオススメです。その期間があればある程度の勉強を教えることが出来ますし、相性が合っていれば、多少なりとも成績向上をするお子さんが多いと言えるでしょう。