家庭教師と生徒の相性は非常に重要

性格が合うかどうか

家庭教師を選ぶポイントの一つ目は、お子さんと性格があっているかどうかということです。これは、お子さんと意気投合すれば良いというわけではなく、お子さんの性格に合っている性格で家庭教師が臨んでいるかどうかということが決め手となるでしょう。

例えば、お子さんが内気で内向的な性格の場合、家庭教師の先生が高圧的な先生ですと、萎縮をして頭が真っ白になってしまい、勉強どころではなくなってしまう可能性があります。こういうお子さんの場合は、優しく丁寧に教えてくれるような先生がピッタリと言えます。反対に、全く親御さんの言うことを聞かないようなわんぱくすぎるお子さんに対しては、多少高圧的な先生の方が、指導内容をしっかりと聞くようになりますので、お子さんには合っていると言えるでしょう。家庭教師によっては、お子さんの性格を見極めてお子さんへの接し方を変えるような方もいます。

このように、お子さんの性格に合わせた家庭教師を選ぶことで、お子さんが勉強に対して真面目に真剣に取り組むようになり、何らかの結果が出やすくなると言えるでしょう。お子さんの性格を見極めて、家庭教師にはどんな性格の人がなってほしいかどうかを判断することも大切だと言えます。